当たり前の強制ロスカットも2タイプ用意

IG証券ではトレーダーが被る可能性のある様々なリスクをしっかり管理するツールも用意しており、莫大な負債を抱える不安がかなり軽減されています。日本では法律によって以前のように大きな負債を抱えるリスクがかなり減りましたし、各業者もそうならないようなツールをいくつも用意しています。

しかし、急激な相場変動が起こってシステムが追いつかなくなることもあり、その場合には今でも大きな負債を抱える可能性もあるのです。IG証券ではいくつものリスク管理ツールを利用でき、急激な相場の変動による損失の拡大をできる限り未然に防ぎ、快適に取引できるようになっています。

その中で最早FX業者の常識とも言うべき、強制ロスカットもIG証券にはちゃんと用意されています。しかも2つの強制ロスカットがあるので、より安心感が高いのがIG証券の特徴です。

そもそも強制ロスカットとはなんでしょうか。強制ロスカットは強制決済とも呼ばれ、口座の残高が取引額の一定の割合を下回ると強制的に反対売買が行われ、決済される仕組みです。

IG証券の強制ロスカットは証拠金率が75%を下回ると下記の順番で注文が強制的に決済されていきます。証拠金率の計算方法は証拠金有効残高÷維持証拠金×100です。

①発注日時の古い順に未決オーダーのキャンセル
②保有日時の古い順にストップ注文の付加されていないポジション
③保有日時の古い順にストップ注文の付加されているポジション

IG証券には「東京正午ロスカット」というのもあります。

1日1回、日本時間の正午に各取引口座の証拠金率を確認。証拠金率が100%未満のときには100%を超えるまで未決オーダーのキャンセルと保有ポジションの強制ロスカットを行います。このふたつの方法でIG証券は顧客を莫大な負債から守っていきます。

ほかにもある、IG証券のリスクを軽減させるツール

IG証券にはほかにもいくつかトレーダーが安心して取引できるようなツールを用意しています。

例えば、トレーリングストップです。これは値動きの激しいマーケットにて効果的なストップ注文で、FX取引、株価指数CFD取引、商品CFD取引で利用可能です。

このトレーリングストップは簡単に言えば、損失を限定しつつ利益を最大化するツールです。

市場が有利に変動した際には指定したストップレートと市場価格の差を自動的に維持しながら更新し、逆転した場合は最新のストップレートで清算される仕組みになっています。要するに損失を最小限に、利益を最大化できるのです。

ほかには法人口座のみですがギャランティーストップというのもあります。トレーダーが指定するストップ注文のレートをスリッページなしで清算させる機能です。

また、指定レートに達したことを通知する機能であるアラート機能やIGグループのリスク管理機能で損益状況の把握ができたりなど、盛りだくさんの機能が用意されています。

しかも、新規顧客向けに入門プログラムもあり、2週間の期間限定で通常より少ない取引数でIG証券を理解できるプログラムが用意されています。

このようにIG証券はただ口座開設をさせるだけの業者とは違い、顧客ひとりひとりが快適に、安全に投資ができる環境を用意しているのです。