様々なものを対象に投資ができることがすごい!

IG証券ではバイナリーオプションも利用できます。対象になるのは主要通貨ペア、つまりFXや世界の株価指数、金や銀、原油などの先物です。対象が多いので、傾向を見極めることができれば高確率で利益を上げられ、非常に魅力の高い投資になります。

バイナリーオプションは単純に言えば、投資対象の取引開始時間の相場が取引終了時間時点でどれだけ上がっているかに予測して投資するものです。

非常にシンプルでわかりやすく、投資初心者でもルール自体はすぐに飲み込めるので、一時期は日本でもかなり人気になっていました。
IG証券のバイナリーオプションでは相場トレンドによって3つの取引タイプが選べるようになっています。それはラダー、レンジ、ワンタッチです。

これらは別のページで詳しく説明しますが、どれもわかりやすいルールですし、相場の値動きのいずれかに合う取引タイプを選ぶことで、より的中率を上げられます。

気をつけたいのは、バイナリーオプションは上がっているか下がっているかの簡単なルールに投資することから、一種のギャンブルと受け取られがちです。日本でバイナリーオプションがもてはやされ、大きな損失を出した勉強不足のトレーダーがたくさん出てしまい、FX業者などの多くが自主規制をせざるを得なくなりました。

バイナリーオプションも投資のひとつであり、確実に利益を上げていくにはどうしても分析などの基礎と応用が必要になります。
一か八かの賭けに出ると、何度か的中することはあるかと思いますが、それはあくまでもまぐれであり、投資ではありません。簡単なルールだからといって、安易に考えるのはやめておきましょう。

IG証券ではバイナリーオプションでもしっかり分析ができるように、様々なデータを提供してくれます。それらを活用して、勉強しながら投資を進めてください。

IG証券のバイナリーオプションは安全対策が万全!?
IG証券のバイナリーオプションはトレーダーを守る対策がありますので、他社のバイナリーオプションよりも安心感があります。
そもそもバイナリーオプションは投資開始時点で万が一の損失額が決定しています。というのは、投資額を決めて始めるわけですから、もし分析が外れて利益が出なくても、損失は投資した分のみなのです。

つまり、最大損失額が事前にわかっているので、リスクが明確になっているということです。これはバイナリーオプションのひとつの魅力です。

さらにIG証券では相場が思っていた方向とは違う動きをした場合、ただちに清算をすることが可能です。バイナリーオプションは判定時間が決まっているので、開始から終了するまでの間に投資を決定するわけですが、クリックしたあとに動きが変わった場合、要するに確実に外れるとわかってしまった場合、途中で棄権することができるというわけです。そうすることで投資終了時間に発生する最大損失額をできる限り低く抑えることができるのです。

そんなバイナリーオプションには大きな資金は不要です。1日にできる投資回数は他社よりは少なめですし、1回1回の取引自体は大した投資額を必要としません。ですので、誰でも無理なく始めることができるのもまた、IG証券のバイナリーオプションの魅力です。

IG証券のバイナリーオプションで最もわかりやすいラダーオプション

設定相場より上がるか下がるかのシンプルルール

IG証券で利用できるバイナリーオプションには3つの取引タイプが用意されています。
そのうちのひとつがラダーオプションです。IG証券のラダーオプションではFXバイナリーは1日5回、株価指数バイナリー、商品バイナリーは1日1回が投資チャンスになります。その際に、ラダーオプションを選択した場合、ルールは判定時間終了時に相場が設定された相場よりも上がっているか下がっているかを予測するだけのシンプルなものになります。

例えば、日本円と米ドルのペアにおいて、受付開始時に相場が1ドル110円だったとします。設定額は112円で、判定時間終了時点で110円だった相場が112円より上がっているのか、下がっているのかを予測するのです。判定時間終了時に112.5円になっていれば上がっている、111.5円の場合は下がっていたという結果になります。

ラダーオプションの場合、判定結果は取引終了時間を待たねばなりません。あくまでも判定時間終了時点で上がっているか下がっているかを見なければならないのです。時間はかかりますが、IG証券のバイナリーオプションの中で最もシンプルな取引タイプだと言っていいでしょう。

ラダーオプションはどんな相場に向いているのか

IG証券でバイナリーオプションを行う場合、相場のトレンドを見ておきましょう。その流れによっては不向きな取引タイプもありますからね。
ラダーオプションの場合は設定額の周囲にある相場が上昇トレンド、下降トレンドのいずれかになると的中率が上がります。設定額を上でも下でもいいので突き抜けるような値動きをしているときが向いている相場トレンドということになります。

テクニックとしては投資受付時間終了間近にトレンドを見極めて投資するのがいいかと思います。バイナリーオプションは受け付け終了時間が近づくほど投資額が上がってしまいます。しかし、確実に利益を上げられるのであればリスクはあっても返ってくる可能性も上がるのですから、決断のときでしょう。

IG証券では万が一の場合、途中で投資を取り止めることも可能です。

要するに、取引の途中で棄権をすることができ、そのときはIG証券からオファーされる金額で決済されます。もし予測が大きく外れることが事前にわかっている場合に、わざわざ終了時間まで待ってすべての投資額を没収されてしまうよりは、多少損はあっても、満額を損するよりも最小限に抑えられることになります。

当サイト上では何度も言いますが、バイナリーオプションはギャンブルではありません。

賭けごとのつもりで投資をしても長期的に見て利益を得ることはできません。しっかりとテクニカル分析などを行って、確実に利益を上げられるようにしましょう。少なくともラダーオプションで取引をする場合にはトレンドを読めるくらいにはなっているべきかと思います。

分析がうまいなら、バイナリーオプションのレンジオプションで投資

設定相場の間に収まるか、突き抜けるのか

IG証券のバイナリーオプションに用意された3つの取引タイプのうち、レンジオプションについて説明します。これはあらかじめ設定された設定額(上限)と設定額(下限)の間を相場が維持するかしないかへの投資です。取引終了時点までにレンジを維持する場合は買い、しない場合は売りを予測するのです。

ただ、IG証券でレンジオプションを利用できるのは「日本225種株価指数」のみになっています。

例えば、111円の米ドルと日本円の相場があり、設定額が上限が112円、下限に110円の設定があったとします。判定時間内に相場が112円あるいは110円を超えてしまうかどうかに投資する。これがレンジオプションです。

この取引においては判定結果は判定時間終了時間を待つまでもなく決まる場合もあります。要するに、一度でも上限下限を相場が抜けてしまったら、その取引は終了。もし維持する方を選択している場合はしっかりと終了時間を待つ必要がありますが。つまり、相場が設定額を抜けてしまった瞬間にその取引は終わるのです。

ラダーオプションより相場勘が必要な取引タイプ

レンジオプションはラダーオプションより相場勘が必要かもしれません。
というのは、この取引タイプに向いた相場のトレンドというのは比較的安定した相場でなければならないからです。決められた幅の中で相場が動くか、そうでないかを分析して決めるわけですから、それなりに値動きの読みが当たりやすいトレーダーでないといけません。

ですので、バイナリーオプションはチャートの読み込みがしっかりでき、かつテクニカル分析などを使いこなして相場の動きを予測できる力がないとかなり厳しいです。この取引方法は特にギャンブル的に投資できるものではないのです。

確かに、レンジオプションにおいては設定額を突き抜けるかそうでないかを予測するだけ。バイナリーオプションは結局2択の簡単なルールですので、ギャンブルのように賭けてみてしまうという方法も可能です。

しかし、そういった運に任せて資金を注ぎ込むのは本当にただのギャンブルであり、それを投資とは呼びません。損失を最小限に食い止めるのが投資であり、それがあるべき努力なのです。

バイナリーオプションはあくまでもオンライン金融投資のひとつですので、投資をするにはしっかりと分析して、検討した上で行わなければなりません。当てずっぽうにやることだけは絶対に避けてください。

トレンドの読みをしっかり行い、この幅で推移する、あるいは少しだけ上限下限を抜けると確信できるときにのみ投資をする。それがバイナリーオプションの本当の姿なのです。IG証券では損失を最小限にする仕組みはありますが、トレーダー自身も損失を最小限にするようにがんばりましょう。

設定額に少しでも届くのか!? バイナリーオプションのワンタッチオプション

一度でも届くか届かないかを予測するだけの簡単さ

IG証券のバイナリーオプションで最もエキサイティングだとされるのがワンタッチオプションです。
IG証券が設定した相場の額に、判定時間内に一度でも相場が到達すれば利益確定します。相場が届けばすぐに確定になるので、判定時間まで待たなくても利益を得られるので、素早く損益を確定したい人に向いています。

簡単に説明すると、取引開始時点で米ドル100円であったとき、IG証券からの設定額が120円とします。激しい乱高下を続ける相場が、一瞬でも120円になれば、その時点で利益が確定、判定時間を過ぎて一度も達しなかった場合は投資額は損失となります。

この取引ルールは決して珍しいものではないので、バイナリーオプションを少しでも勉強されていればすぐにでも馴染めることかと思います。急ぎ利益を得たいトレーダーなどが利用するといいかもしれません。

ノータッチ判定にも投資できる!

IG証券のワンタッチオプションに向いているトレンドというのは、激しく相場が動いているときです。経済指標などが発表された直後や、通貨ペアの性質として変動が比較的激しいものなどが扱いやすい取引ルールになります。

相場的に到達が難しく見えても、乱高下が激しければ一瞬だけでも到達する場合だってありえます。

このルールにおいては判定時間時点での結果ではなく、時間内に一度でも到達すれば利益が確定するので、相場変動が激しければ激しいほど利益を得られる確率も上がってくるというのが、このワンタッチオプションの特徴です。

この、変動が激しいときにタッチすると判断するのが買いポジションです。IG証券のワンタッチオプションは逆にタッチしない、つまりノータッチ判定にも投資することが可能です。このときは売りポジションになります。

判定時間内に設定された額に相場が到達しないと判断すれば、売りで利益を得ることも可能です。この場合においては、トレンドとしては安定しているときが狙い目です。

相場が動かなければ、設定額に到達しない可能性が上がるわけですから、買いポジションよりも利益が少ないケースが多いにしても、売りポジションを持って利益を得る方を取るべきかと思います。IG証券では、このようにどちらでもポジションを取れるので、投資しやすい環境が整っていると言えるでしょう。

ワンタッチオプションの売りポジションで入る場合は、特に米ドルと日本円のペアを狙うのがいいとされています。

もちろん経済指標発表時やなにか大きなニュースが出ているときは相場が派手に動きますが、日常的な状態にあるときはご存知のように比較的安定しているのがこの通貨ペアの特徴です。ですので、こういったペアを見つけて投資するのもひとつのテクニックでしょう。

IG証券のバイナリーオプションはこのように様々なトレンドのシチュエーションに合わせて3つの取引ルールから投資先を選択できるので、利益獲得のチャンスが多いのは大きな特徴です。